« 政権交代!しかしその先にもっと大切なことが | トップページ | 戦後最大の謀略、松川事件をたずねる旅 »

西沢品さんの記憶と記録

私の家の近所に西沢品さんという人が住んで居られたが、2008年12月、82才でなくなられた。写真でわかるとおり、全く”旗幟鮮明”とされていた方だった。晩年は病気もあり、孤独な生活であり、葬儀も親族のみで済まされたため、地域の親しい人たちが別れを惜しむこともできなかった。一人住まいの家も売却されることとなり、掲示板も今回の参議院選挙の投票日をもって撤去されることとなった。

Dscf1106s
西沢品さんについて、私はあまり多くを知っているわけではない。高校の化学の先生をされていたということ。長身でお元気な頃は心身ともにびしっとされたかただった。
思い出としては、横浜資本論講座という講座に一緒に参加していたこと、大学教授のようなひとにもはっきりとものを言う人だった。
宣伝活動などで”忙しくて”とか”疲れちゃって”とか言うと、”そんなこといってないで”と叱られたことがあった。
掲示板は昔はもっと大きな1面のものがあって、目立っていた。そんなこともあって地域では有名なひとであったようだ。いまどきの掲示板になって今回撤去され、西沢さんのことは確実に忘れ去られていくだろうなあ、と思い、この記事を書くことにしたのだった。
Web2.0の時代となって誰もがインターネットで発信できるようになり、全く無名の人でも検索にかかるようになった。西沢さんは言うまでもなくそれ以前に生きた人。試しにYahooで検索してみたら、前進座のホームページのなかに写真入りの記事が見つかった。
http://www.zenshinza.com/hotnews/topics/kunitaro/kunitaro2.htm
それ以外にいくつかのページにお名前が見つけられた。今後「どのようなひとだったのだろう」と思って検索するひとがいるかもしれない。そのときにこのブログも検索されるだろうか。

|

« 政権交代!しかしその先にもっと大切なことが | トップページ | 戦後最大の謀略、松川事件をたずねる旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1291435/35749842

この記事へのトラックバック一覧です: 西沢品さんの記憶と記録:

« 政権交代!しかしその先にもっと大切なことが | トップページ | 戦後最大の謀略、松川事件をたずねる旅 »