スポーツ

世界バレーの応援ってあれでいいのか

”世界バレー”が日本で開催中だ。
必死のプレーにや逆転勝利など、感動するのだが、そういう気持ちを萎えさせるのが応援の仕方だ。
バットの小さいのみたいなものを2つ持って合図に合わせてみんなで打ち鳴らす。 合図がないとそろわないから必要なんだろうが明らかにマイクを通して合図をかけている。 実況中継のマイクにどのくらい入っているのかわからないが、おそらくものすごい大きな音になっているのだろう。 相手チームにとってはアウェイということになるが、いくらなんでもこれではフェアではないという気がする。
私が特に不愉快に思うのは、会場の多数を占める中・高生にたいしてそうした応援をさせている主催者側(あるいは応援団)の大人にたいしてだ。日本のスポーツ応援はとかく自国の得点などにたいしてのみ拍手を送り、優れたプレー、フェアな態度に対する拍手が少ないと言われる。この世界バレーの応援においては国を超えていいプレーに拍手を送るということはできようがない。そしてこのような応援をすることに何の疑問も持たない子供にさせているのが主催者または応援団なのだ。このような情景に、私は学級などにおけるいじめとの共通性を感じる。違った行動をすることを許さない、それが当たり前という雰囲気を増長しているように感じられる。
逆にこうした応援をやめさせ、良いプレーには拍手をしようなどとアナウンスをするのは教育的でよいのではなどと考えてみたが、それも押しつけではよくないのだろう。しかしいじめ自殺などが絶えない今、"おとなの教育力"をどう発揮させるかということはよくよく考えてみる必要があると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)