旅行・地域

戦後最大の謀略、松川事件をたずねる旅

戦後最大の謀略事件のあった松川をたずねる旅に行ってきた。
松川は東北本線の福島駅から3つめの駅で、いなかの小さな街だ。
この町で1949年、列車転覆事件が起こされ、3名の国鉄職員が殉職。その前に起きた下山事件、三鷹事件と同様に共産党、労働組合の仕業だ、と政府、マスコミが宣伝した。

Dscf1181

Dscf1185

適当なサイトが見つからないので、松川運動記念会が発行したパンフレットからその背景を抜き出してみよう。

事件の背景
「事件が起きて誰が一番利益を受けるか」これが捜査の常識である。事件の翌日政府は、増田甲子七官房長官談話を発表した。「今回の事件は、いままでにない凶悪犯罪である。三鷹事件をはじめ、その他の各種事件と思想的底流においては同じものである」と。
犯人もまだわからぬうちに、現場から遠く離れた東京で官房長官が犯人を特定し、操作に指示をあたえるとは驚くべきことである。
★激動の1949年
前年暮れに決定された「経済安定九原則」による占領軍の日本経済全般にわたる指導は、アメリカの経済不況と、中国人民解放軍の北京入場によって確立された中国革命の勝利もあって、急速に強化されていった。 49年1月に行われた総選挙では、民主自由党は264名を当選させて議席の過半数を占め、共産党は一躍35名に躍進した。社会党は片山内閣の失敗から激減し41名に凋落した。その結果、国内では共産党と民主自由党の対立激化が明らかな情勢となってきた。
その上、「行政機関職員定員法」の強引な制定によって、公務員の首切りは26万7千名が予定され、民間産業関係でも20万名がリストに挙げられていた。この年の2月から12月までの間に43万5千名以上が首を切られ、最終的にはこの倍はあったであろうと言われている。
この首切りの嵐が吹きまくっている最中に、下山、三鷹、松川の三事件が起き、この連続した怪事件はいずれも首切り発表と結びついていた。国鉄首切り第1次発表(3万700人)が7月4日、その翌日下山定則国鉄総裁が行方不明となり、6日轢死体となって発見され、国鉄労組関係者が犯人ではないかと大きく宣伝された。
7月12日国鉄第二次首切り(6万2千人)が発表され、15日の夜三鷹駅構内で無人電車が突然暴走し、民家に突っ込んで多くの死傷者を出した。翌日、吉田首相は「共産党は虚偽とテロを常套手段として民衆の社会不安をあおっている。人員整理は国家再建の基礎である」との談話を発表した。
★朝鮮戦争の前夜
この2つのでっち上げ事件によって国鉄労組を中心とする官公庁関係の首切りはさしたる抵抗もなしに行われ、左派勢力は一掃された。
しかし、この大きな打撃の中から国鉄労組福島支部は徐々に戦闘力をもりかえし、たとえ職場から追い出されても、再び職場に戻る日を期して組合員の闘いの中心になろうと組合運動に全力をつくしていた。
福島県下には猪苗代湖を中心とする大発電所群があり、常磐炭田の石炭は距離的に有利な京浜地方や、国鉄および各産業のエネルギー源であり、東北6県と北海道へ通ずる関門として福島県は重要な位置を占めていた。この中心部に国鉄労働組合福島支部があり、電算、炭労のたたかう労働者がいたのである。
政府が官公労働者に加えて打撃の刃を民間産業にも向けたその瞬間、松川事件が起こされた。
東芝松川工場労組は、福島県下民間産業労組のなかでも戦闘力を持つ組合の一つであり、8月12日に32名の首切りが通告され、抗議の24時間ストライキを8月17日決行することを16日夜の臨時大会で決定した。
大会は午後8時半頃終了した。それから7時間たらずの後に、この松川事件が起こされたのである。
しかしこれらの事件の続発は、決して首切り政策のためのみではなかった。翌50年6月6日、日本共産党中央委員24名に公職追放の指令が出され、25日に朝鮮戦争が勃発している。極東情勢の激変のなかで起こされた政治的なフレームアップそのものだった。
即死した3名にいたましい犠牲者、そして乗客と国民与えたショックは大きく、この事件で最も利益を得たものが民衆の犠牲の上に立つ時の政府であり、その背後の巨大な権力者であることは明らかである(強調は引用者)。
松川駅からほどなく当時の東芝、今は”北芝電気"と変わった工場が見られた。

Dscf1189


事件から61年が経ち、当時20代の元被告も80代になっている。今回61年前に列車転覆事件が起こされた現場で、一度は死刑判決も受けて無実を勝ち取った、87歳で健在の阿部市次さんの話を聞くことができた。

P1000561Dscf1201

線路の継ぎ目がはずされ、線路がひんまげられることによって明らかに保線などに詳しいものによってしくまれたこと、それは戦前大陸で列車爆破事件を起こした人たちとつながっている可能性があること、自分たちがやった証拠として扱われたヴァールには”Y”という文字が彫ってあり、それはアメリカ占領軍のものである可能性が高いことなどを語られた。

P1000568
現場近くの記念塔に移動し、現地の国民救援会の方が、被告を守り、無罪を勝ち取るまでの運動を作る上での困難を語られた。

P1000570

松川の住民の中には、無罪を勝ち取った被告は補償ももらったが、転覆で殉職した3人は何の補償もないこと、いまだに住民の中には事故が共産党や労働組合によっておこされたと思っている人もいる、子供たちに”共産党、労働組合によって悲惨な事故がおこされた”と伝えられるのか”国家権力による謀略で悲惨な事故が起こされて共産党や労働組合の弾圧に利用された”と伝えられるのか、せめぎあいの状況が続いているのだ、という話は印象的だった。

福島大学にある松川事件資料室を訪問し、資料整理を続けておられる伊部氏から話をお聞きすることができた。

Dscf1235

全国で行われたきた支援組織の膨大な記録があった。新犯人の像はかなり明確になっているが突き止められてはいないこと、人脈としては戦時中に最先端で謀略活動をやっていた人たちが戦後すぐにアメリカに寝返り、占領軍の意図を受けて暗躍していたと考えられていることなどを語ってくれた。福島大学名誉教授という肩書きを感じさせない気さくな方で、かえってその秘められた情熱が想像された。

裁判は2審まで死刑を含む有罪判決、最高裁で差し戻され、高裁で再び検察が最上告、1963年に最高裁が上告棄却し、全員の無罪が確定した。でっち上げが明確になったにもかかわらずこのように悪あがきをしたのは、裁判を長引かせることにより、真犯人追及をさせないためだったと考えられている。
被告は国家権力の責任を追及するために国家賠償裁判を起こした。
この法定では数々の権力犯罪が暴かれた。
検察当局の最高責任者・安西検事正は、「あなたは被告の無実を知りながら死刑を求刑した、どう弁解するのか」と迫られ、まともに答弁することができなかったという。
一審は被告国の違法行為を断罪し、賠償を命じた。被告国は控訴したが棄却され、1970年被告国の上告断念で松川事件のすべての裁判は完全勝利で終了した。
この国家賠償の裁判の過程で、無罪になったものが国を相手に賠償を求め、権力犯罪を立証し、完全に勝利する先例を開いた。

Dscf1237

今回の学習旅行で最も印象に残ったのは、孤立無援だった被告が団結を強め、家族会を作り、思想信条を超えた全国的支援運動がまきおこり、裁判所さえも動かして勝利を勝ち取っていったことだ。このような誇るべき闘いを先輩たちが作っていたことを学び、伝えていかなければならないと強く思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父困民党の地を訪ねた

このブログの第1回目は秩父困民党が信州に逃れ、最後にたどり着いた地を訪問したときの記事だった。9月のはじめのまだ暑い週末に秩父事件の中心地を訪ねることができた。神奈川県学習協会主催の"資本論講座"の修学旅行として取り組まれたもので、現地では秩父事件の研究者である篠田健一さんに案内をしていただいた。秩父事件については何冊か本を読み、”草の乱”という映画も見ていたのである程度の知識を持っていたつもりだったが、現地に行ってみると当然のことながら、地理的な実感が得られ、120年前の熱いたたかいに思いをはせることができた。

行ってみると、秩父事件のたたかいが作られていった中心地は秩父の田舎のほうである。そこから”革命本部”が作られた秩父の中心地は、山がちの周辺地から遠く町を望むような場所になる。当時、自由民権運動が困窮した農民と結びつき、農民の生きる場所でたたかいの組織が作られていったことがわかる。


たたかいに決起した椋神社

秩父事件は10日間のたたかいの後、憲兵隊の出動により鎮圧されてしまうのだが、それから後は農民への徹底的な捜査が入り、地域でも”暴徒”として扱われたため、秩父事件の研究者は、地域での聞き込みをするにあたっても、まず”暴徒観”をぬぐい去ることから始めなければならなかったという。

秩父困民党軍は厳しい5箇条の軍律を定めた。
第1条 私に金円を略奪するものは斬
第2条 女色を犯すものは斬
第3条 酒宴をなしたるものは斬
第4条 私の遺恨を以て放火其の他乱暴を為したる者は斬
第5条 指揮官の命令に違背し私にことを為したる者は斬
これらのうち、第3条をのぞいては守られたという。 このような高いモラルは第2次大戦等での日本軍の行動と対照的だが、単に高利貸しの横暴に耐えられずに起こしたものではなく、”圧政を変じて良政をめざす”という高い目標と結びついていたことが可能にしたのだろう。

蜂起から数日で憲兵隊に追いつめられるが、さらに東京を目指すかどうかを決める会議では、 「大挙して迫らば、天下の事、必ず成るべしと信ずるなり、一任(よし)、不幸、敗るるあるも、義によって流せる血汐は、さらに第二、第三の同士を何所にか事を起こし得て、改革の必ず成るべき時を頼みとせるなり」という主張により侵攻を決定したという。今回の訪問でもっとも印象に残った。


事件の顕彰に一生を捧げた落合虎市の墓

秩父事件の後、はたして第二、第三の同士は出てきたのか、こなかったのか。でたとすればそれは誰で、どう引き継がれたのか。そうした問題意識を持ちながら帰ってきたのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高尾山ウオッチングに行ってきました

Takao1_1

地権者の会・むさゝび党/高尾山自然保護ネットワーク主催の高尾山ウオッチングに行ってきた。

Takao4_1 高尾山には圏央道(首都圏中央連絡自動車道)のトンネルを掘り、裏高尾の狭い谷間に巨大なジャンクション(連絡路)を建設する計画があり、高尾山の貴重な自然と文化財、そして周辺の生活環境を破壊するおそれがあるとして、地元の住民をはじめとした広範な人たちによっていくつかの訴訟が起こされている。高尾山の自然、この計画への反対運動などについては高尾山の自然をまもる市民の会高尾通信に詳しい。

私の高尾山での最初の感動は10年以上前に正月登山をしたときだった。京王線高尾山口からは徒歩のほかケーブルカーとリフトで山頂の手前まで行くことができ、そこから40分ほど歩くと山頂に着く。はじめの登山では徒歩で山頂まで行き、初日の出を見てからリフトで降りたのだが、そのときリフトから見た正月の都内の展望は最高だった。ある決意をもっての登山だったこともあり、ゆったりとした多摩川の蛇行、1千万人の人々の新年の息づかいが感じられるような早朝の明かりの群れは本当に感動的だった。後にみた宮崎駿のアニメ「耳をすませば」にも同じような情景があるが、これは高尾山からの眺めではないかと思ったものである。
それ以来、何度か高尾山には登っている。

さて、今日は圏央道のトンネルとジャンクションが作られると水の面でどのような問題が生ずるかを学習、体験する企画だった。このなかで案内をしてくださった方が話された言葉のなかで感動したものをつなぎ合わせてみる。
高尾山の周辺には狭い地域に1300種以上の生物が生息し、それは地球上でも例がないほどである。世界遺産に匹敵すると言っても良い。その豊かな自然は歴史的に権力者がこの森林を保護してきたという背景もあり、"しっとりした山"を保っていることによる。山は岩でできていると思われるかもしれないが、実際は水の固まりといっても良い。高尾山がわき水から川に排出している水の量は400~700t/日と推定されている。

Takao2 はじめに工事が進んだ八王子城跡ではトンネルが掘られた影響で地下水位が35mも低下した。これは複雑な岩盤によって保たれている地下水脈が、トンネルによって人為的にぶち切られてしまったことによる。水脈があるところに固い岩盤があると滝ができる。八王子城跡の御主殿の滝で工事後滝涸れが起こったのは山全体の水の様子を表している。現在八王子城跡で起こっている落盤は岩盤が乾燥したために起こっていると思われる。まだトンネルが掘られていない高尾山とすでに掘られた八王子城跡をあるいて感じられる"しっとり感"の違いはまさにトンネルが山を乾燥させていることを示している。

高尾山でもトンネルがほられれば同様なことを起こる。高尾山の豊かな自然は壊され、荒れた山になってしまう。

山に登ったら、地面の黒いところとそうでないところを観察すると良い。黒いところには水脈がある。山道の脇の岩盤をさわってみると良い。しっとりした山では水分がしみ出しているのがわかる。
Takao3 現在国土交通省はトンネル掘削のために滝涸れが起こっていることを隠すために観測点を廃止しようとしているということ。裁判は一進一退だが、なんとかこのかけがえのない自然を残すためにこれらのことを多くの人に知らせ、高尾山を守る運動をより大きく広げたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父困民党散華の地から

Titibu

先日信州小海線の馬流駅の近くにある秩父困民党散華の地の碑を訪ねた。以前から行きたいと思っていたので、ようやく思いが果たせた。秩父事件といえばその決起から壊滅までわずか数日という短い期間の反乱であったし、秩父という限られた地域のものという印象を与えてしまうが、この碑の存在は秩父で火がついたたたかいが、全国の"困民"の運動とつながっていたことを象徴しているように思う。秩父事件はこの地(実際は野辺山高原まで行っている)で壊滅してしまったが、そこで日本人民がたどり着いたものは今日の日本に受け継がなければならないのではないか、という思いがあった。このブログではそうした視野を持ちつつ、日々思索し、感動したことを記していきたい。なお、このブログは私の別のサイトの分身である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)